鍛えるという事。トレーニングに欠かせないプロテイン「DNS」

公開日: : 最終更新日:2015/09/28 DNS

ここで今更プロテインの必要性は書かない。

多くのアスリートは自分の可能性と体のケアの事を考えて運動後にはしっかりとした
プロテインを選び飲んでいる。
それは一般人でも同じで、多くのジム通いをしているトレー二ーも筋肉の破壊と再生の
手助けを考えて飲んでいる。

中でも熱心なトレーニーは色々なプロテインをとにかく試す。 ジムの店頭広告やトレーニング仲間の情報で海外製品やニューフレーバーを取り寄せる。
もう飲むより収集が趣味なの?? と聞きたくなるような中毒の方もいらっしゃいます。

しかも海外製品は日本で買うより送料が高い! お取り寄せになるのでじかんっもコストもかかるのだ。

しかも厳しいことを言えばその人にとって本当にその高いアイテムは必要なのか?疑問であるし突っ込めない。
社会人選手や実業団アスリートなら未だしも週2.3回の1時間くらいのトレーニングで海外の大きな体格をした日本人とは作りの違う欧米人用のハイスペックなプロテインはいらないと思う。※個人的な主観です。

プロテインを飲むユーザーが深みにハマるよくある話だ。
どんどんマヒしていくんですよね^^: 僕も昔はそうでした。

だからと言って日本のプロテインブランドが安価で簡易的な物という事ではない。

むしろその逆で良い事がほとんどだ。
しっかりと日本人の体格や、栄養素の吸収スピードを多くのプロ選手や一般アスリートから意見をフィードバックして安全な製品作りを行っている。
外国製みたいないかにも着色されているような色味や、不健康そうな甘ったるい後味はない。
日本人の味覚にあった必要最低限のフレーバーと、考えられた溶解性。
海外のお客様からのコメントだと本当に日本のプロテインは性能も味も抜群だよ!との事。

確かに海外のプロテインは健康の為に飲んでいるはずなのに、体に良くない物を大量に摂取してしまっている感が拭えなかった。

日本の代表とするウイダーやザバスなど、今では部活動後に飲めるような学生用のプロテインも出ているほどだ。
若いうちには必要ない!と言う意見も昔はあったが、しっかりとしたスポーツ理論や
食生活がどんどん変わっている現代のお子様の体格には必須なアイテムである。

当店一押しなのがDNSプロテインである。
あのアンダーアーマーを取り扱っているドームさんの商品である。
一度DNSのプロテインを飲んだことのあるユーザーは、ほかのブランドに浮気しても
かなりの高確率で戻ってきます。
それはコストパフォーマンスやしっかりとした内容成分。
しかも自分も多くのプロテインを試してきましたが、いいかも!と実感できたのはDNSくらいです。

しっかりとした摂取タイミングがわかるチャートや目的に合わせたタブレットなども豊富。
アイテムを選ぶのに迷わない明確なアナウンスは流石です。

まだDNSプロテインを未体験のユーザーさんは一度試してみては?




広告

関連記事

DNS (ディーエヌエス) Bar-X プロテインバー 15種類の栄養素を配合 バーエックス 1ダース 45g 12本入り 【チョコレート風味/抹茶風味】

たんぱく質15.6gを始め、炭水化物、脂質、ビタミン・ミネラル15種類といった、身体に必要な5大栄

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

    PAGE TOP ↑